高血圧と生活習慣

| | コメント(0) | トラックバック(0)

高血圧は高齢者に限らず、なる可能性のある病気ですが、その場合、生活習慣はどう改善する必要があるでしょうか。

生活習慣の改善とは大切なもので、それだけで血圧を下げることができる場合もあるのです。
しかし高齢者は、加齢による血管のリスクも伴うため、生活習慣の改善だけでは、血圧を下げることは難しいのです。それでは薬を飲むことだけが改善の方法かというと、そういうわけでもなく、やはり生活習慣を変えていくことは必ず必要になってきます。
体そのものを変えなければ、治療に時間がかかるだけでなく、体力も落ちて効きもわるくなってしまいます。

高血圧を防ぐ食事や、日常の行動から改善していくようにせい、無理なく出来ることから始めることです。肥満も高血圧の原因なので、脂の多い食事は控えるようにし、コレステロールも少ない物を選び、そして塩分の摂取量を制限します。
それから運動は大切ですが、あまり激しいものはやめ、ストレッチやウォーキングなど軽いものを行うようにしましょう。

アルコール類やタバコも高血圧には悪いため、お酒はほんとに少量にし、できれば禁煙を心がけるようにして、とにかく生活習慣の改善をはかることが治療を長引かせない、薬の効きもよくすることにつながるのです。薬と生活習慣の改善は、高血圧にとっては欠かせないもの、同時に進めることにより、正常な血圧まで下げることができるのです。

高血圧にとっての悪い生活習慣を改めるだけのことと考えれば、出来ないことはないですよね。

薬と生活習慣の改善でずいぶん効果を得られる高血圧ですが、なかなか面倒な病気であることは確かなので、できれば若いうちからそうならない生活を心がけたいものです。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 高血圧と生活習慣

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.itosui.com/mtos415/mt-tb.cgi/4699

コメントする

このブログ記事について

このページは、 itosuiが2008年1月14日 01:32 に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「高齢者高血圧の特徴」です。

次のブログ記事は「メタボリック症候群とダイエット」です。

最近のコンテンツはインデックスページ で見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページ で見られます。